自分に合ったニキビ跡ケアを見つける

ニキビ跡が残ってしまった理由

私はもともとニキビができやすい肌質で、中学生頃からずっと悩んでいました。

アクネケアの製品や様々な洗顔・薬などを試しましたが、効果的だったと感じるものはありませんでした。

大学生になり大人になったためか、10代の頃よりも皮脂が少なくなってきて少しニキビも落ち着いてきたと思っていたのですが、22歳頃からまたニキビができてくるようになりました。

ニキビができるとメイクで隠したいけど、しっかり隠すことが肌への負担になってしまうとも聞いたので、どうすることもできず、とにかく早く治したいと焦っていました。

そのため、とりあえず凹凸さえなくなればコンシーラーやファンデーションで隠すことが出来るので、ダメだとわかっているものの早く目立たなくしたい、隠したいと思いで潰してしまっていました。

そのため、、赤く跡が残ってなかなか消えない状態になってしまいました。

化粧をしているときはみえないので良いのですが、やはりすっぴんになってみるとニキビ跡がはっきりと残っていて気になってしまいます。

跡が残ってから潰したことを後悔してしまいます。

私が実践したスキンケア

やはりニキビ跡を早く消すには、日々のスキンケアが大事だと思います。

そこで私は、朝と夜の洗顔をできるかぎり優しくすることと、保湿効果の高い化粧水を忘れずに続けています。

肌を清潔な状態のまま保てば、皮脂などによってニキビ跡が炎症を悪化させてしまうことも防ぐことができますし、新たにニキビができるのも防ぐことができます。

そして、メイクも変えました。

ニキビ跡を隠すためにコンシーラーは使用しますが、なるべく薄く使うようにして、今まで使っていたBBクリームなどもあまり塗らないようにしました。

ファンデーションを使いたいときは、肌に優しい・ニキビができにくいノンコメドジェニックテスト済みのものを使っています。

自分の肌質を知る

私がニキビに悩みいろいろと試行錯誤をした結果、自分の肌質をよく知り、肌に合ったものを使うことが大切だと気付きました。

ネットなどで調べると、"ニキビ跡"と1つにくくられてしまっているのでわかりにくいのですが、赤みが残っている場合でも、ニキビを潰したことが原因の場合もあれば、敏感肌になっているためにちょっとした刺激によって炎症が悪化して長引いている場合もあるのです。

そして、毎日のスキンケアがとても重要になってくるということもわかりました。

スキンケアがめんどくさくて、サボってしまうと後からニキビに悩むことになります。

自分の肌のことを考えて選んだスキンケアグッズや化粧品で、日々継続してスキンケアをしていくことが何より大切です。