どんな成分が効果的?

効果的な成分とは

ニキビ跡といっても赤みやシミのような症状があり、さらには肌の状態によっても効果的な成分というものは変わってきます。

ニキビ跡に有効な成分とは、炎症を抑えることができるような成分や、肌の再生を促したり、メラニン色素を薄くすることができる成分などがあげられます。

ニキビ跡を改善するには保湿が重要ですから、肌と相性のよい、保湿できるスキンケアコスメを選ぶということも大切です。

スキンケアコスメも進化していますので、新しい成分についてもどんどん出てきています。

ニキビ跡を改善したいのであれば、どんな成分が効果があるのか、自分の肌に合ったものがどんなものなのか、日頃からチェックしておくと良いです。

ニキビ跡を薄くしてくれる成分

ニキビ跡を薄くしてくれる美白効果のある成分としては、ビタミンCがあげられます。

ビタミンCってすごく身近でそれほど効果的なものというイメージが無いかもしれませんが、実は色々なことに有効なものなんです。

特に美肌に効果的な成分で、代表的なものである抗酸化作用によって体内の活性酸素による炎症の悪化を抑えてくれます。

メラニンの生成を抑制してくれたり、色素沈着を薄くしてくれたりする効果が期待できます。

また、肌の再生にも効果が期待できます。

さらに皮脂を抑える働きもありますので、ニキビの予防や改善にも効果を期待できます。

ビタミンCはスキンケアコスメで外から取り入れることもできますし、食べ物やサプリメントなどで体の内側からのケアにも使うことができます。

体の内側からのケアも効果が高いですから、ビタミンCを積極的に摂るとよいです。

スキンケアコスメで使用するときには、ビタミンC誘導体など浸透力の高いものを選ぶと効果的です。

ほかにも、ハイドロキノンやアルブチンなどの美白成分も効果が期待できます。

肌の再生を促してニキビ跡を改善できる成分

肌の再生を促してくれる成分としては、FGFやレチノール、プラセンタ、セラミド、コラーゲンなどがあげられます。

肌が凸凹になってしまったようなニキビ跡を改善するには、肌のターンオーバーを高めてもとの状態に近付けてくれるような成分が効果的です。

コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を高めてくれるものを増やすのが効果的です。

そのような働きを持った成分は、エイジングケアに使用するスキンケアコスメに多く使われています。