自分に合ったニキビ跡ケアを見つける

徐々に目立つようになったニキビ跡

ニキビ跡が残るような大きなニキビは、20代のころによくできました。

当時は、ニキビができていると、自分でも気になって気になって、早く治したいという一心から、まだ赤く腫れている常態なのにをつぶして、芯を押し出そうとすることもしばしばありました。

赤いニキビを、自分の指で無理やりつぶしたところは、かえって炎症や痛みが強くなってしまって、いつまでも赤みが残ってしまいました。

しかもその後には、立派なクレーターができてしまっているのです。

30代に入ると、ニキビそのものはあまりできなくなりましたが、ニキビの跡の赤みが顔じゅうに合って、今度はそちらの方が気になるようになってきました。

そこで、今度はニキビ跡ケアに力を入れようと思ったのです。

洗顔料は良く落ちることよりも肌にやさしいこと

インターネットや雑誌などで調べて、効果がありそうなものを自分なりにいくつも試してみました。

その中で、私の場合は、効果があったのは「界面活性剤入りの洗顔料をやめる」ことでした。

若いころからニキビができやすかった私は、洗顔はしっかりと行う癖がついていました。

選ぶ洗顔料も、洗浄力が強いものや、殺菌成分が配合されているようなものばかりでした。

ところが、こうした強い洗顔料を使い続けた結果、私の肌は薄く、そしてもろくなり、常に未成熟な角質が肌の表面に出ている状態になってしまっていたようなのです。

ですから、ちょっとした刺激で赤くなったりかゆくなったりしていました。

肌本来の力を取り戻せば、自然の治癒力でニキビ跡も目立たなくなるのではないかと考えた私は、洗浄力の比較的マイルドな固形石鹸を使って、短時間で洗顔するようにしたのです。

やっぱり洗顔の仕方に間違いがあった

洗顔料を変えてから肌の質が変わってきました。

躍起になって洗顔をしていたころは、肌のきめも崩れ、なんとなく肌がぼろぼろした状態でした。

つやもなく、ガサガサしているので、毛穴やニキビ跡が余計目立つような気がしていました。

肌に優しい固形石鹸で、短時間顔を洗うようになってからは、肌につやがよみがえってきました。

肌内部の水分量も増えてきたような感じがしました。肌がふっくらつやつやしてくると、毛穴やニキビ跡って本当に目立たなくなってくるんですよね。

私の場合は、ほほにニキビ跡が多かったのですが、赤いニキビ跡がずいぶん目立たなくなってきたような気がします。

よく見れば、まだニキビ跡は残っているのですが、パッと見た感じの肌の印象がずいぶん改善されたと思います。